布団乾燥機カラリエの口コミがすごい!?実際にチェックしてみた

布団を干して清潔に使いたい。だけど、布団っていつでも干せるわけじゃありませんよね。

雨の日や天気が悪い日にこそ、布団のお手入れができたらいいのにって思いませんか?雨の日ってなるべく出かけたくないですし。

そうなると「布団乾燥機を使おうかな」ってなりますよね。

布団乾燥機ってけっこう面倒。私が以前使っていたのは、本体に袋を装着して、ふくらんだら掛ふとんをかけるタイプ。終わったら、たたんでから収納。

しかも場所をとるうえに重いから、出して使う意欲を失くしました。最終的には押し入れの肥やしとなり、あまり使わないまま処分…。

そんな布団乾燥機の「めんどくさい」を解消してくれそうな商品がありました。

布団乾燥機カラリエ(FK-C2)です。なにやら口コミにも「良い」と書いてある人が多いとか。

これはチェックせねば!!

というわけで実際に購入された方の口コミを紹介します。カラリエの特徴なども合わせて紹介しますので参考にしてみてください。

布団乾燥機カラリエ(FK-C2)の実力は?口コミはどう?

いろいろな通販ショップのレビュー評価をざっと見てみたんですが、高評価が多いんです!

早速、実際に購入して使用された方の口コミを紹介します。

良い口コミ

・昔使っていた布団乾燥機と違い、袋をセットする必要がなく簡単にスタートできます。

・収納場所に困りませんし、掃除機との併用でダニ対策もしています。布団を干すことがなくなったのでとても助かっています。洗濯物の乾燥に使ったところ、部屋にこもっていたニオイが消えました。

・朝起きた後と、寝る前に使用しています。布団に入るときのヒヤッと感がなく、全体があたたまるので子供の寝付きもよくなりました。

・子供たちが毎週持ち帰ってくるズック。冬場は乾きにくくドライヤーなどを使っていましたが、カラリエはくつ乾燥もでき助かっています。もっと早く購入すればよかったです。

・簡単にセットできて、音も静かです。コンパクトで軽くとても使いやすいです。毎日使っても苦になりません。

・布団干しが大変な高齢の父母のために購入しました。しまう手間もなく、喜んでくれたので買ってよかったです。

悪い口コミ

・重めの掛け布団の場合、ホースから遠い場所は十分に暖気が行き渡らないようです。

・まだコツがつかめていないのか、全体を均等にあたためることが難しいです。カラリエを使うと部屋があたたまるので、夏場のダニ対策が少し不安です。

(口コミは著作権上の都合により、意味は変えず書き直しをさせていただいております)

悪い口コミは、あまり見当たりませんでした。どんな製品にも良い悪いあると思いますが、悪い口コミが少ない製品ってなかなかないですから、スゴイですね。

布団乾燥だけではなく、くつ乾燥や衣類乾燥などができる点も気に入っている方も多いようです。

布団乾燥機カラリエの特徴は?

カラリエの特徴を調べてみました。

1.軽くてコンパクト

重さは約1.8kg。従来の布団乾燥機は3kgほどはありましたから、かなり軽量化したと言えます。持ち運びもラクラク。

収納時のサイズは、幅16cm、高さ36cm、奥行14cm。

B5サイズ(182mm × 257mm)の面積がある場所なら余裕で置けます。あとは高さの問題でしょうか。とはいえ、厚みがない分、収納時もあまり場所を取らないのは確かですね。

2.パワーがスゴイ

小さく軽くなっても、パワフルなのが布団乾燥機カラリエです。ダブルサイズのふとんでもOK。

ただし、すみずみまで温風が行き渡らないなどの口コミもありましたから、ふとんの厚みなどによっても違いが出てくるものと思われます。

それぞれ使っている布団が違うので、実際に試してみないとなんとも言えないのですが、

  • ホースの先についている「立体ノズル」を必ず立てる
  • 手動モードで温度や時間の設定を変えて試してみる

などしてみるとよいかもしれません。

カラリエは、乾燥時の袋(マット)が必要がないのも大きな特徴です。袋がなくても、ダブルのふとんが乾燥できるほどのパワーを持っているんですね。

3.4つのモードで使い分け

布団乾燥モード

「冬」と「夏」が選択でき、季節によって使い分けることができます。

乾燥時間…冬モードで60分、夏モードで80分

あたためモード
寝る前のふとんをあたたかくしておきたいときに便利。時間…20分

ダニモード
ふとんのダニ対策をするときに使います。時間…100分

手動モード
温度、時間を自分で設定します。

カラリエは布団の乾燥だけじゃない!

くつ乾燥

付属のくつ乾燥アタッチメントを使用すれば、くつの乾燥ができます。

お子さんが毎週持ち帰ってくるシューズ。特に冬場は乾きにくいですよね。外で雪遊びなんてときは、長靴もビショビショ。お子さんがいる家庭なら、冬場かなり助かる機能なのではないでしょうか?

乾燥の目安

  • 布ぐつ…高温(約65度)の温風で60分
  • 革ぐつ…送風(約25度)で120分

※注意・・・革靴は送風乾燥であれば可能です。その他、合成素材やビニール素材も変形や変色の原因になるので温風はあてず、送風で乾かしましょう。

衣類乾燥

低温の温風で衣類を乾かします。部屋干し時に出る、いやなニオイが出にくくなります。

目安時間…低温(約50度)の温風で75分

押し入れやクローゼット、シンク下などの湿気対策

空気がよどみやすい場所に、カラリエで温風を送れば湿気対策になります。

目安…押し入れやクローゼットの場合、低温(約50度)温風で90分

まとめ

カラリエには、今回紹介したFK-C2の他にも、

  • さらにパワフルなハイパワータイプ(FK-C3)
  • ツインノズルタイプ(KFK-W1)

があります。

FK-C2で物足りないかな…という方は検討してみてはいかがでしょうか?

価格的には、FK-C2の方が安く手に入れられます。(2018年12月6日現在の最安値が9230円)

布団乾燥機としては決して安い価格とは言えませんが、軽くて小さい、布団乾燥も十分でき、くつ乾燥などの機能があることを考えると、満足度の高い商品といえそうです。

布団乾燥機カラリエ(FK-C2)
▼こちらからチェック▼